イメージ、形、外観は、市場に出る商品のアピールポイントとして決定的な要素です。ファッション、家具、宝飾品のみならず、技術的製品であっても外観の美しさが売れ行きを左右する商品なども含め、美観が商品の訴求構築に大きな役割を果たす分野において、意匠権はとても重要になります。また、グラフィカル・ユーザー・インターフェースに関連した役割も果たします。

全サービスを表示

意匠出願

各国で異なる意匠権登録要件を満たしつつ、適切な保護範囲を取得するために法律的な経験と技術的な知識を十分に培った経験から、意匠登録手続きがよりスムーズかつ簡潔に行えるよう諸外国の法律に合わせた適切な出願準備を行い、それによりコストの低減や、拒絶通知を受けるリスクを軽減できます。

実体審査

出願準備を開始する前に、出願後の実体審査における戦略をご相談いただくことは、コスト面からも権利の強さを考える上からも、最上の選択です。

無効手続き

共同体意匠の無効手続きを行うことが可能です。マーケットの競合に対する重要な戦略と言えるでしょう。すべて書面で行われる無効化手続きに要する時間は、約1年強と比較的迅速です。

競合モニタリング

競合者の行った意匠出願のモニタリングについても幅広いサービスを行っています。またその外国出願におけるプロセキューション過程についてもモニタリングを行うことが可能です。これらのモニタリングにより、第三者のもつ権利と抵触する可能性を低減し、必要な場合には無効化手続きを迅速に行うことが可能です。

模倣品モニタリング

ウェブページに流通する模倣品の監視を行う様々なツールを駆使して、モニタリングを行います。画像比較を行える最新のソフトウェアを駆使し、登録している意匠権に抵触する可能性のある商品の存在を検出します。また、そうした存在が判明するごとに、ウェブからその商品を削除するように要請するなど、適切な介入を行います。

先行意匠権調査

先行意匠調査を行うことで、それぞれに異なる要件を持つ各国の実体審査において拒絶を受ける可能性を最小限に抑え、適切なレベルの保護を得られるよう、新規意匠出願を最善の形で行ないます。

クリアランス調査

クリアランス調査は、当所の行いサービスの中でも最も重要なもののひとつで、この調査を行うことにより、侵害リスク低減のためのアドヴァイスや第三者の意匠権抵触を回避するための提案を行い、更に、必要な場合においては、権利行使の代理を行います。

権利行使

ある法域における意匠権の侵害は、管轄裁判所への法手続きを提起することが可能です。当所の知的財産コンサルタントは、多様な管轄地域における代理権をもつ内部あるいは外部の弁護士と協働の上、直接案件を担当していきます。

税関における手続き

意匠という即時にはっきりと理解される権利の性質から、模倣品や海賊版の流通を止める非常に有効な手段です。税関における様々な手続き申請に十分な経験を有する当所では(データベースによる権利行使など)、国あるいは欧州全域のレベルの管轄担当者に模倣品、あるいは海賊版に関する手続き申請を迅速に行うことができます。

検索ワードを入れてエンターキーを押してください