答弁書および証拠書類の一般閲覧

UPC控訴裁判所は、2024年3月12日にルクセンブルクで行われた審理の後(参照)、UPC訴訟手続における書面の一般閲覧を認める理由を定めた。事件UPC_CoA_404/2023に関する2024年4月10日付判決では、特に、書面による答弁書や証拠を含め、訴訟手続で構成されるすべてのものは、一般的に請求に応じて第三者に提供されるものとする、と述べられている。しかし、守秘義務に対する特別な利益がある場合、特にその利益が第三者の利益よりも重視される場合には、請求が認められない可能性がある。秘密保持に関する公衆と当事者のすべての利害のバランスを報告担当判事がとることができるようにするため、要請には利害関係のある第三者の理由を明記する必要がある。特に重要視されるのは、手続の一貫性である。一貫性が脅かされていないと判断される場合、個人データや機密情報の保護を条件として、閲覧が許可される可能性が高まるであろう。

詳しくはこちらをご覧ください(https://www.unified-patent-court.org/sites/default/files/files/api_order/CA6099480F08111F4E2F898795DC8B8D_en.pdf

最新ニュース

UPC発足から10ヶ月

2024年4月8日 | UP & UPC, インサイト

数年にわたる準備期間を経て、統一特許裁判 […]