単一効果を有する欧州特許と統一特許裁判所制度は、欧州特許制度におけるここ数十年で最も重要な変更であり、2023年6月1日に発効となる予定です。

単一効果を有する欧州特許は、すべての参加加盟国(発効段階では以下の17か国:オーストリア、ベルギー、ブルガリア、デンマーク、エストニア、フィンランド、フランス、ドイツ、イタリア、ラトビア、リトアニア、ルクセンブルク、マルタ、オランダ、ポルトガル、スロベニア、スウェーデン)において統一された保護を受け、等しい効力を有することになります。

欧州特許庁は、単一欧州特許に関する手続きや登録、1年ごとの特許年金徴収を管轄します。

統一特許裁判所は、すべての単一欧州特許、各国で有効化された従来型の欧州特許、およびこれらの特許から設定された補充的保護証明書を独占的に管轄する新しい法人で構成されることになります。

従来型欧州特許は、少なくとも7年間は、オプトアウト請求をすることにより、統一特許裁判所の専属管轄権から除外されることが可能です。オプトアウト申請は、すべての付与済欧州特許および欧州特許出願について、2023年3月1日から一括申請することが可能です。

現在、17カ国が新制度に参加していますが、欧州連合と欧州特許条約の両方に加盟している他の国も、新制度の規則と協定に署名し批准した場合、参加が可能となります。

最新ニュース