UPC – ドイツ連邦憲法裁判所の決定

ドイツ連邦憲法裁判所は、長らく待ち望まれていた判決を下し、2017年に遡って提出された統一特許裁判所協定(UPCA)に対する訴状を部分的に支持した。判決では、ドイツ連邦議会によって承認されたUPCAに関する法律は無効であるとドイツ連邦憲法裁判所は宣言している。

具体的には、ドイツ連邦議会が単純多数決で可決したUPCAを承認する法律を無効と宣言した。

裁判所は、統一特許裁判所に主権者権限を付与する国際条約を承認する行為は、3分の2の適格多数によって承認されるべきであったと判断した。

訴状の他の根拠については、ドイツ連邦憲法裁判所によって却下されている。このため、承認法の無効性は、議会の必要定足数による新たな投票を行うことで解決できるようである。

最新ニュース

UPC発足から10ヶ月

2024年4月8日 | UP & UPC, インサイト

数年にわたる準備期間を経て、統一特許裁判 […]